【Grasshopper Tutorial】Surface Deformation Pattern

概要 上画像がプログラムの全体像となっております。各ブロックごとに説明していきます。 基準となる点を生成 Rectanglarコンポーネントでグリッドを作成します。今回は、1マス1×1で100マス×100マスのグリッドを作成しました。 Rectanglarコンポーネントの出力端子Pから、グリッドの交点を取得し、Pointコンポーネントに格納します。101点×101点で10201点取得できるかと思います。取得した点のリストをFlattenしときます。 これらの点を移動させ、最終的にサーフェイス化していきます ...

ReadMore

【Grasshopper Tutorial】 Falling Ball

概要 上画像がプログラムの全体像となっております。各ブロックごとに説明していこうと思います。 基準サーフェイスの生成 CenterBoxコンポーネントで直方体を生成します。各辺の長さは6×100×100としています。 Deconstruct Brepコンポーネントでサーフェイスに分割し、List Itemコンポーネント一番面積の大きい面を取得します。 基準サーフェイスを変形 生成したサーフェイスを面外方向に変形させていき、凹凸をつけていきます。Divide Surfaceコンポーネントでサーフェイスを分割 ...

ReadMore

【Three.js】 Popping Sphere Animation

準備 index.html, style.css, main.jsファイルを作成し、index.htmlとstyle.cssを以下の様なコードになります。 [ index.html ] <!DOCTYPE html> <html lang="en"> <head> <meta charset="UTF-8"> <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content ...

ReadMore

【Grasshopper Tutorial】 Japanese Folding Fan

概要 上画像がプログラムの全体像となっております。各ブロックごとに説明していこうと思います。 基準となる直線の生成 Construct Pointコンポーネントで(-2, 0, 0)の点を取得し、LineSDLコンポーネントで、その点をスタートとしてX方向に50伸びた直線を生成します。 Liner ArrayコンポーネントでZ方向に0.2ピッチで20本複製します。 基準線を扇状に回転 先ほど複製したした直線を扇状に回転させていきます。Rotateコンポーネントを用意し、回転の中心には(0,0,0)を接続し ...

ReadMore

【Grasshopper Tutorial】 Rubik's Cube

概要 上画像がプログラムの全体像となっております。各ブロックごとに、説明していこうと思います。 各キューブの中心点を作成 Squareコンポーネントで2×2のグリッドを作成し、頂点を取得します。 Linear Arrayコンポーネントで取得した頂点をZ方向に複製します。3点×3点×3点=27点生成されたかと思います。これを各キューブの中心点としていきます。 回転させる点を囲うBoxを生成 XY平面・YZ平面・ZX平面、それぞれ3面回転させる面があるかと思います。1面を回転させるのに、9ブロックを回転させて ...

ReadMore

【Grasshopper Tutorial】 Folded Surface

概要 上画像がプログラムの全体像となっております。各ブロックごとに説明していこうと思います。 基準となる円弧を作成 Arcコンポーネントで半径3000、中心角度120度の円弧を生成します。 Perp Framesコンポーネントで生成した円弧に直行する平面を生成します。 作成した平面にArcコンポーネントで更に円弧を生成します。今回は、角度のドメインを20度~230度としています。 生成した円弧をDivide Curveコンポーネントで分割します。今回は14分割しております。 分割点のオフセット 生成した分 ...

ReadMore

【Grasshopper Tutorial】 Pipe Generator

概要 上画像がプログラムの全体像となっております。各ブロックごとに説明していこうと思います。 ベースとなるポリラインを生成 まずはRhinocerosでPolylineを生成します。今回は75Φの配管を実装していこうと思いますので、各辺400mm以上はあるかなといった感じです。小さすぎるスケールにしないようご注意ください(※例えば1辺10mmとかだと、そもそも75Φの配管できませんので・・・)上画像ではX・Y・Z方向に垂直なポリラインになっておりますが、斜めも対応できるようにプログラムは組んでいきます。 ...

ReadMore

【Grasshopper Tutorial】Moving Face

概要 上画像がプログラムの全体像となっております。各ブロックごとに説明していこうと思います。 ベースとなる球の作成 Sphereコンポーネントで球を生成します。 TriRemeshコンポーネントでなるべく均等なサイズの三角形メッシュで球を分割します。Lengthには0.15を接続します。 Face Boundaryコンポーネントでメッシュのエッジを取得します。 Boundary Surfaceコンポーネントでエッジ内をサーフェイス化します。 各三角形を移動させる 生成した三角形サーフェイスを移動させていき ...

ReadMore

【Blender Tutorial : Geometry Nodes】 Moving Face

ベースとなる球体を生成 Blenderを立ち上げた際にある、Cubeに対してGeometry Nodesを開きます。 Group Inputノードを消します。 Ico Sphereノードを用意し、Subdivisionを5にします。 Dual Meshノードでメッシュを六角形分割します。 Split Edgesノードで六角形で分割したものを個々のFaceに分割します。 Attributeを取得 Capture AttributeノードでVectore型、Faceから法線ベクトルを取得します。 Set Po ...

ReadMore

【Grasshopper Tutorial】 Randomly placed blocks

概要 上画像がプログラムの全体像となっております。各ブロックごとに説明していこうと思います。 モジュールを作成 Rhinocerosで配置してくブロック、モジュールを作成します。この時のサイズは、1×1×1の立方体の中に納まるサイズで作ります。今回は上画像の様な、3方向に延びるブロックを8種類作成しました。 作成したモジュールをGrasshopperにセット 生成したモジュールをGrasshopperに配置していきます。 3方向に延びたブロックと、立方体は別のBrepコンポーネントにセットします。 3方向 ...

ReadMore