Blender Blender Tutorial [Geometry Nodes]

【Blender Tutorial : Geometry nodes】 Wavy moving light

今回は、Blender3.1を使用し以下のGIF画像の様な、波打つ光を作成していきます。Blenderのバージョンが違うともしかしたら仕様が違ってくるかもしれませんのでご注意ください。こちらのチュートリアルは動画化しております、動画の方がよい方は以下のリンクからどうぞ!

Boxの作成

  1. Edit⇒Preference⇒AddonsからObject Bool Toolをオンにします。
  2. 初期に配置されているキューブに、円柱を重ね、円柱を若干上に移動させます。
  1. キューブから円柱部分をくりぬきます。右側のタブからEdit⇒Bool Toolで、円柱、キューブの順番に選択しDifferenceをするとくりぬけます。
  1. Add Modifier⇒Bevelでくりぬいたキューブの面取りをします。Segmentは3にしました。
  1. 邪魔になるので、キーボードのG⇒YでY方向に移動させておきましょう。

ベースとなるPlaneの作成

  1. ベースとなるMesh Planeを作成します。Shift A⇒Mesh⇒Planeで配置していきます。

ベースプレーンにBoxを配置

  1. 作成したBase Planeに対してGeometry Nodesを開きます。
  2. くり抜いたBoxをドラッグアンドドロップでObject Infoを配置します。
  3. Subdivide MeshでベースPlaneを分割します。Level4としています。
  4. Instance on Pointsで分割したPlaneにBoxを配置します。Scaleを0.05にします。上画像の様にBoxが配置されました。

Boxを回転

  1. Time Lineのstartを0、Endを360にします。
  1. Rotate InstancesでBoxを回転していきます。Scean TimeでFrameカウントを取得しMathで適当に3倍します。Boxが回転するかと思います。
  1. 回転角度を工夫していきます。
  2. 各BoxのPositionを取得し、Separate XYZCombineXYZでXY成分のみのベクトルを作成します。
  3. Vector Mathで取得したベクトルと(1,1,0)ベクトルとの内積を取得します。
  4. 取得した内積を先ほど作成した角度に足します。
  5. Map Rangeを使用し、0~360⇒0~3πに変換します。
  6. 作成した新たな角度を接続すると、上画像の様に、各々回転角が変わってくると思います。

球体を配置

  1. 続いて球体を配置していきます。Instance on Pointsを最初に分割したSubdivide Meshに接続し、Ico Sphereを配置します。Radiusを0.2 Subdivisionsを3、Scaleを0.05とし、Z方向のPositionを0.01とします。
  2. Join GeometryでBoxと球体両方表示しておきます。

球体を移動

  1. 球体を波打つように上下移動させていきます。
  2. Boxを回転させるために作成した角度にMathでSine波を生成し、絶対値を取ります。この値に0.3を掛け、Combine XYZでZ成分を生成します。
  3. Set PositionのOffsetに接続すると、球体が波打つように移動します。

球体をスケール

  1. 球体をスケールしていきます。高い位置ほど大きくて、低くなるにつれて小さくなるようにします。
  2. Absoluteの出力端子から取得できる0~1の値に、0.5を足し、その値を1.5倍します。
  3. Scale Instancesに接続します。これでモデルは完成です。

マテリアルの割り当て(Box)

  1. Set Materialでマテリアルを割り当てていきます。Boxの方は、水色のメタリックのようなテクスチャにしています。

マテリアルの割り当て(Sphere)

  1. 球体にはEmissionを割り当てます。光の色を選択し、Strengthを10程度にしています。
  2. Render PropertyのBloomにチェックを入れときます。

完成

以上になります。まだまだ私も初心者ですので、徐々に難易度の高いものに挑戦していきたいと思ってます。

-Blender, Blender Tutorial [Geometry Nodes]
-,