GH Basics GH Tips Grasshopper

【Grasshopper Tips】Voronoi3D / Weaverbird / SubD from Mesh

今回は、上画像のようなオブジェクトを生成していきたいと思います。超簡単なので是非応用してみてください。このチュートリアルではWeaverbirdというプラグインを使用しております、こちらからインストールできます。またSubD from Meshコンポーネントを使用しておりますが、こちらの機能はRhino7からの機能なので、それ以前のバージョンの方は、SubD部分が実装できませんのでご注意ください。こちらのチュートリアルは動画化しております、動画の方がよい方は以下のリンクからどうぞ!

プログラムの解説

簡単なのでサクッと説明していこうと思います。

  1. Center Boxコンポーネントで100×100×100の立方体を作成します。
  2. Populate 3Dコンポーネントで作成した立方体にランダムに点を50点生成します。
  3. Voronoi 3Dコンポーネントで生成した点をもとに立方体をVoronoi分割します。
  4. Simple Meshコンポーネントでメッシュ化します。
  5. Weaverbird's Mesh Windowコンポーネントを接続し、SubD from Meshコンポーネントを接続すると上画像左のオブジェクトができます。
  6. Weaverbird's Picture Frame コンポーネントを接続し、SubD from Meshコンポーネントを接続すると上画像真ん中のオブジェクトができます。
  7. Weaverbird's Sierpinski Triangles Subdivision コンポーネントを接続すると上画像右のオブジェクトができます。

完成

以上です。是非自分のプロジェクトに活かしてください。プラグインって便利ですね。

-GH Basics, GH Tips, Grasshopper
-, ,